http://ping.blogmura.com/xmlrpc/th5nmum5jhy2

ハチ公と呼ばれる旦那

壬生です。

 

昨夜から壬生の家に居ついた友人B

彼女は旦那の事を 「ハチ」と呼ぶ。

 

彼女の旦那はフリーランス(設計者) 

仕事は自宅でこなしている為 去年から無職になった友人Bと ほとんど一緒。

食事は勿論、お風呂も一緒。

眠るのもダブルベットで仲良く一緒。

結婚生活15年。 

子供無。

誰もが羨む「仲良し夫婦」 だよな?

 

友人B:「たまにはね、一人になりたいのよ。」

    「まるで濡れ落ち葉。ぴったり貼り付いてる。」

    「40過ぎの自分の女房を ちゃん づけで呼ぶんだよ。恥ずかしいよ。」

 

そんな理由で離婚かい?

 

今朝から彼女の携帯電話は鳴り続ける。 (いい加減出ろよ。) 

ハチ公と呼ばれる旦那が壬生の家に来るのも時間の問題。

 

なぁ 頼む、携帯バイブにしてくれないかね 

掛かって来る電話に文句を言いながら、携帯の電源は落とさない。

 

旦那と離婚する事は無いだろう。

ハチ公を想像してくれ。 

悲しい虚ろな目で見られたら、捨てられないだろう。

 

少しだけ 心の休暇が欲しいんだな。 

学生時代のように、若かりし頃の様に、今は此処で遊びたいんだよな。

夜中まで映画を観たり、雑談したり、花札で遊んだり。

少しだけ、家庭とか世間から離れたいんだよな。  だよね?

 

ストレス発散なんて方法を知らない私達。何をしても 心のしこりは消えない。 

会社という組織の中で、我慢を覚えてしまった私達。

金による権力も学んでしまった。 ついでに 賄賂 の世界も知ってしまった。

人として許せない人物が いかに多いか気付いてしまった。

 

旦那をハチと呼べる彼女は幸せだろう。

春になるまで、暖かくなるまで、学生時代のように、ここで休むのも良い。

旦那に説明できれば 彼は理解をしてくれるだろう。

友人B、良い男、見つけたな。

 

40過ぎれば いろいろあるのさ。