http://ping.blogmura.com/xmlrpc/th5nmum5jhy2
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット検索しなくなった理由と、読者を辞めた理由

弱虫、寂しがり屋、根性無の壬生

 

会社を辞め、自分の今後に漠然と不安を感じた時、

必死になって何かを探した。

 

ネットでは、

失業保険、無職、起業、ネットビジネスなど、その時の感情に任せ、ぐぐりまくった。

今思えば、お金に関する事ばかりだ。

 

ネットの中には色々な情報がある。

善悪の判断もつかない壬生は、わけも分からず 

書かれている文字を勝手に理解し、行動をする。

簡単な話、愚か者なのだ。

わずか一年の間に、六感の感受性も、笑顔も、優しさも、消えてしまった。

 

壬生にとって、ネットの情報とは、自分に都合の良い事。

嫌な事から逃げ出す為の理由、裏付けが欲しかっただけなのだ。

 

都合の良い情報と、離れる事ができたのは、

壬生の物語を編集してくれる、一人の男性と出会ったからだ。 

彼の存在は、彼の文字は、私を救った。

心から感謝をする。

 

ひとつ、一つ、物事が見えてくると、

今まで読んでいたブログが、切なく感じる。 

「あぁ、この思考は 数ヵ月前の私だ。」と、感じる。 

ブログが悪いわけでは無い。 

私の心の問題だ。  

 

ブログが更新されると、更新されました。と、はてなは伝えてくる。

有難い事だが、今の私は まだ感化されやすい。

 

今の壬生は、

ネットで検索する代わりに、電子辞書を使うようになった。

私に甘く、

私にとって都合の良いブログは、一旦読者を辞める事にした。

 

ブログ:

今のまま、読者のまま読み続けるブログも沢山ある。

現に笑えたり、楽しめるブログは沢山ある。 ブログから元気も貰っている。

今回、いくつかサヨナラするブログがあるが、

3月の卒業という事で、壬生は卒業したのだ。と解釈して欲しい。

いままで 有難う御座いました。

 

・・・・・・・・・・・・・  何の意味があって、こんな事書いてんだ?

               書ける人を、批判するようなサヨナラは嫌なんだ。

               世話になった、読ませて頂いた事は事実なんだ。

               その時は、

               過去の自分は、共感したのだ。