http://ping.blogmura.com/xmlrpc/th5nmum5jhy2

気付かせてくれて有難う。心から感謝 ←半分きれいごと

壬生です。

 

友人A:「他人のブログに、本気で怒ってどうする。」

壬生:「壬生の逆鱗に触れたのさ。」

 

昨日は一日 不愉快。

何をしても、何を書いても、納得のいくものなど書けぬ。

以前教授によばれた時、

学生の考えの甘さに腹もたったが、今は仕方がない。

希望も持てぬだろうと、納得できる部分もあった。

 

しかし、今回は違った。

言葉が通じない。 

意味が通じないのだ。 

壬生の文章力の無さも 原因かも知れんがね。 

 

友人A:「おまえ、”けつ” 青いな。」

壬生:「だな。」

庭で一服をし、見上げた空は 輝く無数の星。

 

あー、これだよな。

これ なんだよな。 

 

あのブログに腹がたったのは、自分が物書きだからなんだな。

眠れぬ夜と戦い、ノイローゼになりながら、物語を創る。 

物書きであれば誰もが一度は経験しているだろう。 

批評ならまだしも、捨てる は、許せなかったのだ。 

 

 

気付けて良かった。小説が好きだと、再確認できたよ。

物書きを、作家を尊敬している自分に気付けたよ。

彼女のブログに感謝だな。

 

さてと、愚痴はこれで終わりにして 仕事に戻らんとな。

 

 

※やりたい事はあるけど 出来ないんだ。※

 あせらんで良い。 

 自分のペースで良い。結果は必ず後からついてくる。

 ついてくるんだ、不思議とな。