http://ping.blogmura.com/xmlrpc/th5nmum5jhy2

∞=NO!

壬生という名の女を、 

創り出して早一年。 生んだ責任を放棄したい気分だ。

 

壬生という名の女は、勝手に行動をする。

私が眠りについた頃、

夜中に起き出し文章を書き、意見を述べ、更新をする。

この女、

ブログの世界で自由を得たようだ。

 

自由には責任が付きまとう。

生まれて一年の女には、自由の重さが分からない。

 

文字で、

言葉で傷つき、涙を流し、悔しみの中で眠りにつく。

壬生の強き発言は、

自信の無さ、弱さを隠す武器であろう。

 

この女の物語を、ここで終えても良いでは無いか?

 

真実から目を背け、

臭いものには蓋をし、

ほくそ笑んで生きる私は、彼女の正面突破が「虚しく映る」

 

君が涙を流したら、君に関わる誰かが 涙を流すだろう。

君が文字で哀しみを感じたら、君は文字で人を傷つけるだろう。

類は友を呼ぶ。

 

 

考えて書くのだよ。 

言葉は優しさを与えるものだ。

文章は形として残り、時に心の糧になる。

 

考えろよ。

壬生として生きたいのなら、考える事だ。

 

最後の責任は、私がとろう。